5252円 SRS210A スタンダードホライゾン 交互/中継通話対応 特定小電力トランシーバー DIY、工具 業務、産業用 建築、建設用 トランシーバー SRS210A 激安正規品 スタンダードホライゾン 交互 特定小電力トランシーバー 中継通話対応 /geothermic1308177.html,prost.jpn.com,特定小電力トランシーバー,交互/中継通話対応,DIY、工具 , 業務、産業用 , 建築、建設用 , トランシーバー,5252円,スタンダードホライゾン,SRS210A 5252円 SRS210A スタンダードホライゾン 交互/中継通話対応 特定小電力トランシーバー DIY、工具 業務、産業用 建築、建設用 トランシーバー SRS210A 激安正規品 スタンダードホライゾン 交互 特定小電力トランシーバー 中継通話対応 /geothermic1308177.html,prost.jpn.com,特定小電力トランシーバー,交互/中継通話対応,DIY、工具 , 業務、産業用 , 建築、建設用 , トランシーバー,5252円,スタンダードホライゾン,SRS210A

SRS210A 激安正規品 スタンダードホライゾン 数量は多い 交互 特定小電力トランシーバー 中継通話対応

SRS210A スタンダードホライゾン 交互/中継通話対応 特定小電力トランシーバー

5252円

SRS210A スタンダードホライゾン 交互/中継通話対応 特定小電力トランシーバー

超軽量・コンパクトボディ (幅47 x 高さ80 x 奥行き22mm)
ワンランク上の防塵・防水性能 IP68
60mWの高音質のスピーカー出力
単三形乾電池1本で駆動する省電力設計33時間(※2)のロングバッテリーライフ
免許・資格不要、シンプル操作
視認性に優れたディスプレイと高輝度LEDインジケータ
CUE(キュー)機能による緊急アラーム送信
マルチチャンネル待ち受け機能
通話エリアを拡大する中継器対応
相手が通話圏内にいるかがわかるARTS機能
チャンネルが混み合っている場合もスムーズな通話を可能にするサブチャンネルセレクト機能
イヤホン断線検出機能
ワンタッチリリースホルスター (オプション:SHB-22)
誤操作を防ぐキーロック
埋め込み式ラバーキャップ

免許・資格不要、シンプル操作
免許や資格が不要で購入してすぐに使用することができます。シンプルで操作しやすいキーレイアウトで初めての方でも容易に使いこなすことができます。

視認性に優れたディスプレイと高輝度LEDインジケータ
1.34インチ液晶ディスプレイによる大型チャンネル表示。独立した高輝度LEDインジケータによって送信、受信の状態がひと目で確認できます。

妥協のない基本性能を追求
部品の一つ一つに至るまで厳選を重ねた妥協のない回路設計と最適なチューニングにより従来機と比較しワンクラス上の通信範囲を実現しました。

コンパクトボディ・快適操作
幅47 x 高さ80 x 奥行き22mm のボディは、胸ポケットにもすっきり収まるコンパクトサイズで、アクセサリー端子を保護するラバーキャップは、本体に埋め込み式ですので音量ボリューム操作もスムーズに行うことができます。

ワンランク上の防塵・防水性能 IP68
防塵・防水性能は、クラス最高のIP68を誇り、水を扱う店舗から悪天候の屋外業務、粉塵の舞う工事現場まで安心して使用することができます。不意にプラグが抜ける心配のないネジ込みタイプのアクセサリコネクタを採用しておりタイピンマイクなどを装着した状態でも防塵・防水性能を保持します。
防塵性:IP6X(耐塵形)…粉塵の侵入から完全に保護されている事
防水性:IPX8(水中形)…真水/静水に水深1.5mの位置で30分間没しても機器 の動作に影響をおよぼさない事

高音質のスピーカー出力
ノイズを低減し最適にチューニングされた高音質のスピーカー出力(60mW:アルカリ乾電池使用時)により明瞭でクリアな通信が可能です。

単三形乾電池1本で駆動する省電力設計
33時間*2のロングバッテリーライフ 単三形電池1本で運用ができる省電力設計で、単三形アルカリ乾電池使用時約33時間の使用が可能です。
(SBR-17MH 使用時は約36時間(*2)の使用時間となります)
(*2) 電池持続時間:送信6秒/受信6秒/待受け48秒の繰り返しによる使用を想定/ LEDオフ設定時)

ワンタッチリリースホルスター
ベルトに装着したままワンタッチでトランシーバーの着脱ができるホルスター(SHB-22)を用意しています。

・SHB-22(ワンタッチリリースホルスター)
 トップのリリース用フックを押すだけのワンタッチ操作でトランシーバーを外して素早い応答が可能です。
 通信終了時の装着もワンタッチで行うことができます。

CUE(キュー)機能による緊急通知機能
CUE機能は、アラームによって緊急連絡や重要な用件を通知することができます。 受信側の音量ボリュームに関係なく設定した音量でアラームとLEDのフラッシュで同時に通知しますので、相手が音量ボリュームを下げて忘れてしまっているような状況においても、確実に緊急時の連絡を行うことができます。音量を上げられないような現場では、LEDフラッシュのみの通知に切替えることもできます。

マルチチャンネル待ち受け機能
複数のチャンネルをスキャンしながら待ち受けを行い、信号が入った チャンネルで相互通話を行うことができる便利な機能です。
グループで異なるチャンネルを使っているような時に、全体を管理する管理者がグループの全てのチャンネルをモニターしながら相互通信を行うことができます。待ち受けするチャンネルの一時的な追加や解除、固定チャンネル運用への切替えも簡単に行うことができ、状況に応じたスムーズなグループ間の連携が可能です。

通話エリアを拡大する中継器対応 (*3)
交互通話に加え中継通話用チャンネルを装備しており中継器に接続することで交互通話の約2倍に通話エリアを拡大できる他、多層階のビル内や別棟との連絡、不感エリアの改善などに利用が可能です。
(*3) 選択呼び出し機能など、一部中継通話に対応しない機能があります。

相手が通話圏内にいるかがわかるARTS機能
相手が通話可能な範囲にいるかどうかを定期的に確認し、状態を電子音とアイコン表示で知らせます。
ARTS: (Automatic Range Transponder System)
※ 中継用チャンネル使用時、選択呼び出しモード、受信専用モード設定時、スキャン中は動作しません。

サブチャンネルセレクト機能
チャンネルが使用中の場合に、予め設定したもう1つのチャンネルに自動で切替り通話を行うことができます。
※ 選択呼び出しモード、ARTS機能設定時、スキャン中は動作しません。

イヤホン断線検出機能
接続しているイヤホンやスピーカーマイクのケーブル断線を検出して画面表示でお知らせします。

誤操作を防ぐキーロック
前面パネルのキーロックボタンは、誤ってキーを押すことによる通信トラブルを防ぎます。

埋め込み式ラバーキャップ
上面コネクタのラバーキャップは、突起部が低い埋め込み式で操作を邪魔しません。音量調整などスムーズな操作とLEDインジケータの視認性を確保しています。

その他の実用的な機能
・ 終話トーン方式による送・受信切替時のテールノイズカットを標準装備
・ 特定の相手やグループを呼び出す「選択呼び出し機能」
・ 信号のあるチャンネルを探す「スキャン機能」
・ 音声で送信を開始する「VOX機能」
・ マイク感度調整(内蔵マイク/外部マイク)
・ 会話のプライバシーを守る「秘話モード」
・ バックノイズを軽減する「コンパンダ機能 」
・ 電源の切り忘れによるバッテリーの消耗を防ぐ「自動電源オフ機能」
・ 受信専用モード(ガイドシステム子機としての利用など)
・ 複数台に設定をコピーするワイヤレスクローン機能

SRS210A スタンダードホライゾン 交互/中継通話対応 特定小電力トランシーバー

豪雨による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
  Twitter上の被災情報分析中(DISAANA/D-SUMM

Latest News新着情報

    プレスリリース

    量子暗号通信技術と秘密分散技術を活用しゲノム解析データの分散保管の実証に成功

    2021年8月26日
    〜ゲノム研究・ゲノム医療分野における安全なデータ管理に貢献〜

    株式会社東芝(以下、東芝)、東北大学東北メディカル・メガバンク機構(以下、ToMMo)、東北大学病院、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、NICT)は、量子暗号通信技術と秘密分散技術を組み合わせたデータ分散保管技術を開発し、大規模ゲノム解析データを複数拠点に分散して安全にバックアップ保管する実証実験に世界で初めて成功しました。本技術により、長期にわたり機密漏洩やデータ改ざんを防ぐバックアップデータ保管が可能となり、ゲノム研究・ゲノム医療分野における安全なデータ管理への貢献が期待できます。

    続きを読む
    プレスリリース

    脳情報通信に関する国際共同研究開発の公募(第5回)を開始

    2021年8月25日

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、米国国立科学財団(NSF: National Science Foundation)との包括的協力覚書(MOU)に基づき、日米共同での脳情報通信に関する研究開発について、日本の研究機関に対する委託研究の公募を2017年度から実施しています。
     今回、第5回となる研究開発の提案をNSFと共同で募集しますので、お知らせします。

    続きを読む
    プレスリリース

    香りでスピード感が変わることを発見

    2021年8月19日
    〜レモンは遅い、バニラは速い〜

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸) 未来ICT研究所 脳情報通信融合研究センター(CiNet)の對馬淑亮主任研究員らは、心理物理実験とfMRI実験によって、香りで映像のスピード感が変わる新しいクロスモーダル現象を発見しました。今回発見したのは、ヒトはレモンの香りが伴う時は、映像が遅く、バニラの香りが伴う時は、映像が速く見えるという現象です。また、香りで感情や記憶といった高次の脳機能ではなく、低次の感覚(映像のスピード感)が変わることを発見したことは世界で初めての成果です。

    続きを読む
    プレスリリース

    観測ロケットMOMOv1で情報理論的に安全な実用無線通信に成功

    2021年8月17日

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)サイバーセキュリティ研究所、インターステラテクノロジズ株式会社(IST、代表取締役: 稲川 貴大)及び法政大学(総長: 廣瀬 克哉)は、共同で開発した小型衛星・小型ロケット用通信セキュリティ技術を観測ロケットMOMOv1*1に搭載し、2021年7月31日(土)、機体から地上局に飛行状況を伝送する実用チャネルにおいてセキュア通信の実証実験に成功しました。

    続きを読む
    プレスリリース

    令和4・5年度の「国際研究集会開催支援」の公募開始

    2021年8月5日

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、海外の研究者を招へいして情報通信分野の研究開発に関する国際的かつ学術的な研究集会の開催を支援する「国際研究集会開催支援」事業を行っております。

    続きを読む
    プレスリリース

    令和4年度の「海外研究者招へい」の公募開始

    2021年8月5日

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、海外の研究者を受け入れて情報通信分野の研究及び技術開発を行う国内の大学、民間企業その他公益法人等の機関を支援するために、渡航費、滞在費等の招へいに必要な経費を支給する「海外研究者招へい」事業を行っております。

    続きを読む
    お知らせ

    木星高層大気の温度分布観測が明かした「惑星高温の謎」解決の糸口

    2021年8月5日

    国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所のJames O’Donoghue博士と、米国ボストン大学、英国レスター大学、NASAゴダード宇宙飛行センター、国立研究開発法人情報通信研究機構などによる国際共同研究グループは、木星極域のオーロラが全球的な加熱に影響していることを、観測で捉えることに成功しました。

    続きを読む
    プレスリリース

    パブロフ条件反射の正体を発見

    2021年8月5日
    〜司令ニューロンが操られることによって条件反射は起こる〜

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)の吉原 基二郎 上席研究員と櫻井 晃 主任研究員らのグループは、未来ICT研究所神戸フロンティア研究センターにおいて、パブロフの条件反射の脳内での仕組みを解明しました。以前当グループによって発見されたショウジョウバエ脳内の摂食行動を引き起こす司令ニューロン(Nature, 2013)が、元々はつながっていなかった刺激に操られるようになって、条件反射が起こっていました。また、確立した条件反射の実験系により、細胞同士が記憶のためにつながる過程のリアルタイム観察が初めて可能になりました。つながり形成の仕組みを脳の記憶の基礎過程として知ることにより、脳の記憶の仕組みをまねた新しい知的情報処理のデザインを得ることが期待できます。

    続きを読む
    プレスリリース

    テラヘルツ帯で動作する、超高精度・広帯域の小型周波数カウンタを開発

    2021年7月29日
    〜Beyond 5G / 6G時代に向けて新たな電波資源の有効利用へ前進〜

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、半導体超格子ハーモニックミキサを用いたテラヘルツ波用の周波数計測システムを開発し、電波の上限帯域を網羅する0.1 THz~2.8 THzという広帯域において精度16桁の計測を実現しました。今回の開発により、小型・室温下で動作する広帯域・高精度なテラヘルツ周波数カウンタが実現したことになります。
     本技術は、未開拓周波数領域と呼ばれてきたテラヘルツ帯を次世代情報通信基盤Beyond 5G / 6Gにおける新たな電波資源として利活用するための計量標準技術です。今後、Beyond 5G / 6G時代における電波産業などの様々なニーズに対応し、本技術をNICTで提供している周波数標準器の較正サービスに活用していく予定です。

    続きを読む
    プレスリリース

    ゲリラ豪雨等の直前予測を屋外イベント運営等に活用する実証実験を実施

    2021年7月26日
    ~「Marunouchi Street Park 2021 Summer」の運営者・来街者へ情報提供~

    国立研究開発法人防災科学技術研究所(理事長:林 春男)、国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長:徳田 英幸)、一般財団法人日本気象協会(会長:春田 謙)、東京海上日動火災保険株式会社(取締役社長:広瀬 伸一)、東京海上ディーアール株式会社(代表取締役社長:嶋倉 泰造)及び三菱地所株式会社(執行役社長:吉田 淳一)は、8月2日~9月12日に開催される「Marunouchi Street Park 2021 Summer」の期間中、運営者及び来街者に30分先までの直近の気象予測情報を提供する実証実験を行います。

    続きを読む

News Listニュース一覧

  • 新着情報
  • プレスリリース
  • お知らせ
  • イベント
  • 受賞

Pick UPサービス・アプリ