ティーレックス キエトラ KiETLA 2~4歳 サングラス スカイブルー 世界の人気ブランド 3282円 ティーレックス キエトラ KiETLA サングラス 2~4歳 スカイブルー ベビー、キッズ、マタニティ 子ども服、シューズ 子ども用ファッション小物 サングラス スカイブルー,ティーレックス,サングラス,2~4歳,3282円,KiETLA,/callboy842350.html,キエトラ,prost.jpn.com,ベビー、キッズ、マタニティ , 子ども服、シューズ , 子ども用ファッション小物 , サングラス スカイブルー,ティーレックス,サングラス,2~4歳,3282円,KiETLA,/callboy842350.html,キエトラ,prost.jpn.com,ベビー、キッズ、マタニティ , 子ども服、シューズ , 子ども用ファッション小物 , サングラス 3282円 ティーレックス キエトラ KiETLA サングラス 2~4歳 スカイブルー ベビー、キッズ、マタニティ 子ども服、シューズ 子ども用ファッション小物 サングラス ティーレックス キエトラ KiETLA 2~4歳 サングラス スカイブルー 世界の人気ブランド

ティーレックス キエトラ KiETLA 2~4歳 サングラス スカイブルー オリジナル 世界の人気ブランド

ティーレックス キエトラ KiETLA サングラス 2~4歳 スカイブルー

3282円

ティーレックス キエトラ KiETLA サングラス 2~4歳 スカイブルー

【商品名】
 ティーレックス キエトラ KiETLA サングラス 2~4歳 スカイブルー

【サイズ】
 高さ : 4.20 cm
 横幅 : 6.60 cm
 奥行 : 13.00 cm
 重量 : 60.0 g
 ※梱包時のサイズとなります。商品自体のサイズではございませんのでご注意ください。

ティーレックス キエトラ KiETLA サングラス 2~4歳 スカイブルー
 
 ブランド:ティーレックス
サイズ:2~4歳?|?色:スカイブルー「KiETLA キエトラサングラス2-4歳」は頭を圧迫しないソフトなフレームで、お子様でもストレスなくかけられます。〈br〉可視光線透過率はレンズ最高峰のグレード4。高地でのトレッキングや登山にも使用できる本格的なレンズを採用。〈br〉99%以上UVカット、ブルーライトもカットします。〈br〉取り外し可能なストラップ付き。ストラップのフックは引っ張ると外れる構造で、首がしまる事故を防ぎます。〈br〉踏んでも壊れにくい1ピース構造。お子様がアームを引っ張っても平気です。〈br〉豊富なカラーバリエーション、サイズごとにデザインが違うおしゃれなフレンチデザインです。〈br〉筒状のかわいらしいパッケージはギフトにも最適。そのまま収納ケースにもなります。〈br〉キエトラハットと組み合わせればさらに効果的にUVを予防できます。〈br〉ブリッジのカーブが上下異なり鼻を圧迫しない優しいデザイン。成長に合わせてリバーシブルで使用できます。〈br〉大ぶりのレンズが、幅広い視界をしっかりカバーします。

梱包サイズ(商品自体のサイズではございません)
高さ : 4.20 cm
横幅 : 6.60 cm
奥行 : 13.00 cm
重量 : 60.0 g
商品紹介
タグ
  • UVカット、ブルーライトカットレンズ使用のおしゃれベビーサングラス
  • 破損したり、変形した場合は使用しないでください。
  • 保護者の目の届くところで使用してください。
  • [製造国] 中華人民共和国
  • [本体サイズ] 本体:9cm×11cm 高さ3.2cm ストラップ:幅1.5cm、長さ:最短15cm/最長25cm 眼鏡ふき:幅9cm×11cm
  • 無理な力を加えたり乱暴な扱いはお避け下さい。レンズやフレームが破損しケガをする恐れがあります。

ティーレックス キエトラ KiETLA サングラス 2~4歳 スカイブルー

Research Institute for Sustainable Humanosphere

循環材料創成分野
梅村 研二教授

 

宇宙圏電磁環境探査分野
栗田 怜准教授

森林圏遺伝子統御分野
棟方 涼介助教

生物機能材料分野
田中 聡一助教

2020年 着任教員紹介

京大の発明

京大先生シアター

ザッツ京大、など

京都大学ウェブサイトに生存圏研究所の教員・施設・研究が紹介されています

生存圏アジアリサーチノード(ARN)

生存圏研究所は、「生存圏アジアリサーチノード (ARN)」を整備し、国際共同研究のハブ機能を強化するとともに、生存圏科学を支え発展させる国際的な人材育成を進めています。

参加学生による活動レポートはこちら

広報活動・社会連携

刊行物やビデオで研究内容をわかりやすく発信する広報活動を行っています。また、公開講演会や見学会を行うことで社会と連携する研究所を目指しています。

生存圏研究を支える組織「生存圏フォーラム」

持続的発展が可能な生存圏を構築していくため 「生存圏科学」を幅広く振興し、研究者同士の情報交換・交流や、学生の国内外での教育・啓発活動を促進しています。(会員数約750名)コラムを始めましたのでぜひご覧ください。